トップページ お知らせ よくある質問 お問合せ リンク

2013年12月05日

小田原まちあるき検定

早いもので今年も残すところ1ヶ月です。
先日久しぶりに「小田原まちあるき検定」
に参加してきましたよ。

今回の検定テーマは「北条氏の小田原城」
難しそうなテーマですね(笑)

ガイドさんの話をよく聞いてね.jpg

ボランティアガイドさんの解説を聞きながら
今も残る小田原城総構を歩きます。

住宅地に残る遺構.jpg

説明がなかったら、素通りするような場所も
昔は、重要な防衛拠点だったりします。
戦国時代、堀が築かれた場所は、茶畑や
蜜柑畑、住宅地にと姿を変えています。

小田原高校の井戸.jpg

小田原高校の中庭にある、復元した井戸など
学生でもなければ堂々と入れない場所まで
案内してもらえましたよ。

検定ですから、街歩きを楽しむだけでなく
半日あるいて聞いた説明と、専用テキストから
出題されるテストが、総仕上げにあります。

認定証.jpg

テストの結果は50点満点中40点でした。
目標にしていた、成績上位20%にあたる
色付きの認定バッジには、ほど遠くあせあせ(飛び散る汗)

住んではいても、知らない小田原が沢山あり
ご当地検定を通じて、いろいろな時代の
小田原を見て学べるので、参加するだけでも
楽しい時間が過ごせます。

堀跡を巡る.jpg

総延長が約9キロある総構は、一度でまわり
きれませんから、まだ数回あるようです。

いっときのご当地検定ブームはなくなって
しまいましたが、こういった取り組みは
長く続いて欲しいものですね。





posted by ハコトー at 23:23| 神奈川 ☁| 地元情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする